家庭用投げる消火器・消火剤ファイテック

天ぷら油火災用消火用具「箱のままいれるだけ」

  • 1,008円(税75円)

天ぷら油火災はとても危険です。



天ぷら油(揚げ物油)は、約350℃で自然発火する非常に危険なものです。

天ぷら火災時に水をかけると、爆発して大やけどを負ってしまい、非常に危険です。

しかし、そんな時の主婦の味方!
天ぷら油火災用消火用具
「箱のままいれるだけ」

ただ、箱のまま、するっと鍋に滑り込ませるだけであっという間に消火してしまいます。

また、消火剤は食品添加物の安全基準を満たしていますので、家庭でも安全に使用できます。

消火後は、油を固めて廃棄する製品のようにゲル(ジェル)状になりますので、しっかり冷やしてから可燃ゴミとして廃棄でき、鍋も綺麗に洗っていただければもう一度使うことができます。


「箱のままいれるだけ」

適応油量: 1.5リットルまでの食用油
容 量 : 80ml
重 さ : 139g
消火剤 : 炭酸カリウム、他
形 状 : 棒状の箱型
臭 い : ほぼありません。
環境配慮: 食品添加物レベルの安全基準クリア RoHS規制適合品 調査機関:(財)日本食品分析センター

特徴1安全に消化!


棒状の箱型なので、20cm程度離れた場所から安全に消火でき、やけどなどの事故の危険性が極めて低いです。


落ち着いて「箱のまま」鍋にスルッと滑らすように入れるだけで約2〜5秒で消火できます。


映像をご覧になられたい方は、こちらをクリックしてください。


特徴2素早く消火、再燃なし!


食用油は約370℃で自然発火する上に、一度発火すると油の温度は急上昇し、窒息消火(砂をかけるのと同様の消火)の粉末消火器で消しても再燃します。


ファイテック「箱のまま入れるだけ」は油を石鹸化し、さらに冷却することで素早く消火できます。


映像をご覧になられたい方は、こちらをクリックしてください。


特徴3消火後の後片付けが簡単


水蒸気しか発生しないので、消火器の粉末のように部屋が汚れません。


また、消火後は常温まで冷ましていただければ、油の凝固剤を入れたようなゲル状になるので、そのまま可燃ゴミとして処分出来ます。


消火後の鍋は、綺麗に洗っていただければ再使用できます。(火災の状況によって異なります。)


型番 FT-012
購入数

上部へ戻る